保険見直しとは

 

万が一の場合に備えて加入した保険であっても、見直しが必要になるときがあります。保険の見直しをする理由としては、今の保険よりももっと安くていい保険がありそうだから、毎月の保険料の負担が大変だから、もっと保証内容の充実した保険に変更したいから、といったようなさまざまな理由があります。

こうした見直しが必要になるのは、保障内容を十分に理解できていなかったり勧められるままに保険を契約してしまったりしたことが原因ではありません。むしろ、契約者自身の生活環境や保険に対する考え方の変化、新たな保障や有利な保険の誕生といったことから、保険見直しの必要性がでてくるのです。

保険を見直す必要性はさまざまですが、大別すると次の2つに要約できるでしょう。 1つ目は、保険料の負担を見直すためです。保険料は、毎月支払いが発生して家計に直接響く固定費です。この保険料をできるかぎり安くにおさえることは、家計の節約には当然に必要なことです。保障内容を洗い出して「本来はあまり必要のないものや、過剰な特約などはないか」を見直します。もちろん保険料を安くすることも大切ですが、保障内容とのバランスをみながら見直しをする必要があります。

2つ目は、ライフステージの変化に対応した保険に見直すためです。子供が生まれたら新たに学資保険に加入するためこれままで掛けてきた保険を見直す、住宅を購入すると住宅ローンの団体信用保険に加入するのでこれまでの保険を見直すといったように、ライフスタイルの変化にあわせて保険を見直すことが必要ですし保険見直しの絶好のタイミングといえます。 具体的な生命保険の見直しは、専門家の意見を聞いたり掛金と保障内容をよく見比べたりして賢く行いましょう。

Copyright © 2014 保険見直しの豆知識 All Rights Reserved.